アグリパス高柳2022年研修生募集【新潟県柏崎市】検討中フォルダに入れる

自分にあった農的暮らしを実現する 半農半X支援プログラム

みなさんこんにちは!

私たちは新潟県柏崎市・高柳町という山村で、農業を中心に地域づくり、農業振興に取り組んでいます。柏崎市高柳地域は人口約1,200人の農村地域で、冬になると3mの積雪が見られます。

この地域では、周囲は山に囲まれ、高柳では稲作を中心にいくつかの仕事を組み合わせる農的な暮らしが営まれています。それは「米×米以外の作物」という組み合わせもあれば、「夏農業×冬除雪」など季節ごとに異なる仕事を組み合わせるかたちもあれば、「米×ライター・茅葺き職人…」など多仕事型の組み合わせもあります。お店を経営しながら稲作を行っている人もいて、農業収入とそれ以外の収入のバランスも人によって様々です。

高柳の農的暮らしとは、自然と共に働き・楽しむ暮らし。働き方(仕事の組み合わせ方)は人それぞれです。

農業を中心に、自分に合った仕事・自分がやりたい仕事の組み合わせ方を見つけ、自然の楽しみ方を学ぶ、このような高柳型農的な暮らしを実践したい方を応援するのが『アグリパス高柳』です。

◇◆◇プログラム概要◇◆◇

(1)米づくり
現役世代で且つ農業で生計を立てている農家で構成する「自立経営農業者会議」メンバー(プロの農家)の指導のもと、稲作を中心に農業知識・技術の習得と実践、刈り払い機や農業機械の扱い方・メンテナンス、農業経営の実態などを学ぶ研修を行います。

(2)農村の暮らし
研修期間中は、高柳地域の空き家に滞在いただく予定です(家は事務局が準備し、家賃は研修生が支払い)。高柳では山菜採り、魚釣り、キノコ狩りなど季節に応じた自然の楽しみ方があります。高柳に暮らす自然の匠たちから、自然の恵みを満喫する実践活動を行います。

(3)生業探し・生業づくり 研修期間中、自分にあった稲作以外の生業の可能性を探求・経験できます。高柳では以下のような生業の可能性が考えられます(これ以外にも研修生の視点で新たな生業を探すこともできます)。研修生の希望に沿って、生業探し・生業づくり活動の内容、実践をサポートします。

【野菜づくり】
高柳地域では、小規模ながら品質の高いトマトやネギを栽培する高齢農家がいます。このような栽培技術を学び、将来的に受け継ぐことで新たな収入の確保につなげることも可能です。

【冬の除雪】
柏崎市内では、冬になると農業者が除雪作業に従事するケースはよく見られます。免許が必要な道路除雪(オペレーター)のほか、不定期になりますが個人宅の除雪を請け負うことも可能です。

【ものづくり・手仕事】
高柳にはつる細工、和紙(紙すき)などのものづくり・手仕事の業が今でも残っています。収入を得るようになるまでには時間が必要となりますが、このような地域のものづくり・手仕事の経験をすることもできます。

【他産業(兼業)】
高柳町内で雇用がある仕事としては、観光産業(ホテル・宿泊業等)、介護施設、スキー場(冬期)、日本庭園の手入れ(バイト)、食品加工(餅)などがあります。柏崎市内(片道30分)に行けばその仕事の幅は大きく広がります。 米づくりと他産業を組み合わせるのも一つの方法です。

【テレワーク等】
現在行っている仕事をそのまま持ち込んで、稲作と組み合わせて生計を立てることも可能です。

  • 「自立経営農業者会議」メンバー(プロの農家)が稲作を中心に農業知識・技術を指導します

  • 農村集落では集落内の草刈りを共同で行ったり、季節に応じて祭りなどの行事があります。集落の一員としてこのような集落の活動に積極的に参加いただきます。

  • 研修生の希望に沿って、生業探し・生業づくり活動の内容、実践をサポートします。野菜づくり、除雪、ものづくり・手仕事、地域内の他産業、テレワークなど様々な可能性があります。

  • 高柳では山菜採り、魚釣り、キノコ狩りなど季節に応じた自然の楽しみ方があります。高柳に暮らす自然の匠たちから、自然の恵みを満喫する実践活動を行います。

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

イベント求人

募集要項

名称 アグリパス高柳2022年度研修生募集【新潟県柏崎市】
募集内容 ◆対象
・新潟県柏崎市・高柳地域で米づくりをしながら暮らす意思のある人
・農的な暮らしを実践してみたい・興味がある方
・50歳以下で心身ともに健康な人
※仕事を持ったリモートワーカーも歓迎

◆支援概要
・「米づくり」「農村の暮らし」「生業探し・生業づくり」研修の実施等を条件に、最長2年間に渡って毎月定額の支援金を支給。
・期間は最長2年間になりますが、1年目の秋から冬にかけて、および1年目から2年目への移行(研修の継続)については、事務局及び集落との面談の上決定します。
・リモートワークなど一定の時間を使って自ら現金収入を得る場合、支援金は6万円を下限に研修への参加可能時間に応じて決定します。

◇◇1年目◇◇
【支援金】
14.4万円/月(最大)

【条件】
・稲作等の農業実践
・農村の暮らし実践
・生業探し・生業づくりへの探求

【ほか】
・テレワークによる個人事業等に従事しながら研修を行う場合は、6万円を下限に個人事業に従事する時間に応じて活動支援金額を決定。
・家賃(2万円)、光熱水費(1万円程度)、WiFi(6千円程度)、車借用料(1万円程度)は個人で負担。

◇◇2年目◇◇
【支援金】
14.4万円/月(最大)

【条件】
2年目はあらかじめ活動計画を策定し、その内容に応じてプログラムを組み立てます。

【ほか】
・1年目の研修を踏まえて、ある程度現金収入の目途が立つことが考えられるため、見込み収入に合わせて事務局と相談の上支援金額を決定。

◆サポート体制
アグリパス高柳は、以下の体制で実施します。
・農業指導:「自立経営農業者会議」に所属するプロの農家
・日常的な暮らしのサポート:NPO法人里山夢もっこ、高柳農業振興会
・研修全般のコーディネート:NPO法人里山夢もっこ
・各種事務手続き等:高柳農業振興会
・事業全体の運営支援:にいがたイナカレッジ

◆生活環境
・集落内の空き家を住居として用意します(一軒家)。
・基本的な家具、家電を貸与します。
・車をお持ちでない方には、車借用の手配をします(月1万円程度)。
・NPO法人夢もっこ、高柳農業振興会が生活全般の相談役になります。

◆農業指導、農地・機械の貸与
・「自立経営農業者会議」の農家が指導を行います。
・このほかに、必要に応じて高柳町内の農家のもとで研修を行うこともあります。
・受入集落で農地を貸与することができます。意向と能力によって、数アールから将来的には数ヘクタールの貸与も可能です。

・稲作に必要な農業機械は、指導農家から貸与または、機械操作は指導農家が行います。

◆仕事づくり・就業定住に向けた相談
・参加者の希望に応じて、NPO法人里山夢もっこ、高柳農業振興会、柏崎市等がサポートします。
応募方法 ※アグリパス高柳のサイトよりご応募ください。まずはご相談からでも歓迎です。

【応募から採用までの流れ】
1.「アグリパス」ウェブサイト 応募フォームから送信(下記URLより)
https://agripass-takayanagi.net
2.担当より連絡
3.オンライン面談
4.現地見学(必須)・面談
5.採用の可否連絡
企業情報 〇企業名
アグリパス運営チーム(事務局:にいがたイナカレッジ)

〇構成団体
・自立経営農業者会議
・NPO法人里山夢もっこ
・高柳農業振興会
・にいがたイナカレッジ

〇所在地
新潟県長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト2F
さらに詳しい情報はホームページにてご確認いただけます https://agripass-takayanagi.net
地図 地図はこちらをクリックしてください

募集先情報

名称 アグリパス運営チーム(事務局:にいがたイナカレッジ)
所在地 新潟県長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト2F
お問い合わせ先 お問い合わせ、応募は下記連絡先までお願いいたします。
まずはご相談からでも歓迎です。
お申し込み先 【名称】アグリパス運営チーム(事務局:中越防災安全推進機構 にいがたイナカレッジ)
【担当者名】阿部、金子(にいがたイナカレッジ)
【TEL】0258-39-5525 (中越防災安全推進機構 にいがたイナカレッジ) 
【EMAIL】agripass.inacollege@gmail.com
【URL】https://agripass.jp
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る