\【佐賀県・鹿島市】温州みかん農業体験研修参加者募集/11月20日(日)~12月3日(土)検討中フォルダに入れる

13泊14日で農業を知る!
日本では最大級規模のみかん農家さんで有機農法を学びませんか?

開催日時2022年11月20日(日)~2022年12月3日(土)計13泊14日〈事前オンライン研修2022年11月10日(木)19:00~〉〈合同報告会2023年2月16日(木) 19 : 00~〉

こんにちは、一般社団法人九州のムラです!
当社は、主に九州地域のグリーンツーリズムを含めた観光・地域づくりの推進を行っています。
皆さん、グリーンツーリズムをご存知でしょうか?
グリーンツーリズムとは、「農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の活動」のこと言います。当社ではムラ(農山漁村地域)とマチ(都市部)をつなげるこの活動を広げていくことに取り組んでいます。

■ムラ暮らしインターン2022について■
今回当社では、農林水産省の事業「令和4年度農山漁村振興交付金(地域活性化対策のうち農山漁村関わり創出事業)」を受託し、現在、その事業における「農業体験研修」の参加者を募集しています。
この農業体験研修は、将来の農業の担い手となる人材を発掘することを目的とした国の事業で、農業への就業や農山村への移住に関心のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。
(但し、対象年齢は概ね60歳くらいまで)

■日本では最大級規模・有機みかん農家さんに学ぶ有機農法■
今回は「佐藤農場株式会社」での研修となります。
30haの広さで無農薬・無化学肥料の柑橘を栽培しており、そのすべての敷地で有機JAS認証を受けている農家さんです。有機ミカン農家としては全国一の規模で、収量は日本の有機みかんの約1/3を占めるといいます。自然に優しく、自然に逆らわず、無農薬・無化学肥料による「おいしい温州みかん」栽培を約30年前から始められており、現在は2代目の娘さんがその家業を継がれています。今回の体験は、ちょうど収穫シーズンを迎える時期にあたりますので、収穫や出荷作業を通じて有機みかん栽培について学ぶことができます。

体験スケジュールは、11月20日(日)~12月3日(土)の13泊14日。全日程参加いただける方が対象です。また、それに先立ち、事前オンライン研修は11月10日(木)19:00に予定しております。
現地での宿泊先は研修先が手配いたします。宿泊費は研修先が負担し、さらに研修先より謝金として時給820円が支払われますので、「農業の仕事を体験してみたい」「移住先を探している」という方にとってはまたとないチャンスです!インターン終了後、研修先とのマッチング条件が合えば、引き続き研修や就業の可能性があります。

収穫体験や出荷作業など、現場のスタッフとして実際の仕事を体験していただきますので、まさに“生”の農業に触れることのできる良い機会となるのではないでしょうか。また、親元就農や新規就農者の方々の畑を巡りお話を伺います。
休日には、鹿島市の観光スポットもまわり、海あり、美味しいものありの鹿島市での2週間の滞在で、田舎暮らしを存分に味わってください。
 


◆昨年のムラ暮らしインターンレポート
https://9mura.net/internship


  ■体験先のご紹介■
佐賀県鹿島市は佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西には多良岳山系に囲まれ、自然環境に恵まれたところです。人口は28000人弱、福岡市及び長崎市からも約1時間でアクセス可能です。鹿島市では古い町並みや酒蔵を活かし、「酒蔵ツーリズム」も推進し、また日本三大稲荷の一つ祐徳稲荷神社も有名です。有明海の干潟ではのりの養殖が盛んであり、ムツゴロウ、ワラスボなどの珍魚の生息場所でもあります。近年この干潟の自然環境を守るためにラムサール条約湿地登録も行い、鹿島市の自然環境(森・里・川・海を流れる水)の保全活動に積極的に取り組んでいます。

◎研修先の魅力:「佐藤農場株式会社」
日本では数少ない有機JAS認証を受けたみかん農場で、農作業をしながら有機栽培について学べます。青果としての販売だけでなく、ジュースやジャム、ドライフルーツなどの加工品も作っているほか、有機レモンを使った無添加生石鹸を販売しているなど、6次化も学ぶことができます。地元農家さん、研修先、地域の方との交流会を通し、地域の人々の暮らしにふれることができます。

■対象者
農村への移住や農業に関⼼のある⽅で、全ての日程に参加いただける方でしたら経験は問いません、
学生の方のご参加もOKです。
ご興味のある方、ご参加をお待ちしております!

このイベントに応募する このイベントにお問い合わせする

イベント求人

募集要項

名称 ムラ暮らしインターン2022 有機農家編(佐賀県鹿島市)
開催日時 <事前オンライン研修>
2022年11月10日(木) 19:00 ~
※参加できない場合は後日、動画の視聴で対応可能です

<現地研修期間>
2022年11月20日(日)~2022年12月3日(土)

※詳細は下記「研修スケジュール」をご覧ください。

<合同報告会>
2023年2月16日(木) 19 : 00 ~
開催場所 <研修先:佐藤農場株式会社>
佐賀県鹿島市飯田乙3574

・マイカーでお越しの場合
鹿島市産業活性化施設海道(みち)しるべまで直接お越しください。滞在中は、駐車場をご利用いただけます。

・公共交通機関をご利用の場合
最寄り駅「肥前鹿島(ひぜんかしま)駅」までの送迎有
※宿から園地まで送迎
開催内容 <研修の内容>
●農作業研修
・有機栽培で育てた温州みかんの収穫作業、出荷作業
・自然農法や蕎麦の栽培見学
・親元就農や新規就農者の方々の畑を巡りお話を伺います。

●農業に関する座学
・有機農業について
・鹿島市役所より、新規就農支援制度、移住定住支援制度の説明

●地域コミュニティ研修の内容
・ラムサール条約登録湿地「肥前鹿島干潟」に関する山から海までの自然生態系を学ぶ環境学習。
「有明海を守るプロジェクト」=環境保全だけでなく、棚田を維持することで得られる豪雨時の防災効果に着目し、自然の機能を活用したグリーンインフラの整備にも取り組んでいます。「肥前鹿島の酒蔵ツーリズム」参加の蔵元の協力で、棚田米を使ったグリーンインフラ日本酒も醸造。その酒粕はみかん荒廃園の放牧牛のエコフィードに利用されています。
・「酒蔵ツーリズム」を題材とした地域づくり研修。
・地元農家さん、研修先、地域の方との交流。
参加対象 ・地方への移住や田舎暮らし、農業に関心のある日本国籍の方
・現地研修全てに参加できる方で且、事前・事後研修にもご参加いただける方
・農業経験不問
※学生応募可
※概ね60歳くらいまで
参加費 参加費は無料

※研修先より農作業時の謝⾦として時給820円が⽀払われます。滞在時の食費がかかりますが、農作業分で支払われる謝金から差引きます。
※休日時の昼食は各自でご用意ください
(イメージ)
謝金45,920円(56時間分)-食費21,000円(13泊14日分)
<支払い24,920円>

但し、天候によって農作業が出来ない場合は謝金が変動しますのでご了承ください。
定員 4名
持ち物 ・作業時に着る汚れてもよい服(長袖・長ズボン)
・靴、長靴、帽子、水分補給用の水筒など
※夜露で畑が濡れている日もあると思いますので、濡れてもいい靴、服装をお持ちいただくと安心です。
・その他、身の回りのもの(着替え、タオル、洗面具など)
研修スケジュール <11月20日(日)>
15:30  「鹿島市産業活性化施設 海道(みち)しるべ」集合後、オリエンテーション(~17:00)

<11月21日(月)~12月2日(金)>
8:00~17:00 農作業体験(昼休憩1時間)
・有機農業研修
・地域研修
・環境学習
※農作業は、日曜日は休息日ですが天候によって変更する場合がございます。
※11月23日は「道の駅 鹿島」でイベントがありますので、そちらの販売のお手伝い

<12月3日(土)>
9:00~振返り、11:00 解散


○事後オンライン研修  個別対応

○合同報告会
2023年2月16日(木)19時~

※インターン終了後、研修先とのマッチング条件が合えば、引き続き研修や就業の可能性があります。
[新型コロナウイルス 感染拡大予防対策について] [新型コロナウイルス 感染拡大予防対策について]

*参加者全員の健康・安全に配慮し、マスクの着用および、手指の消毒の励行をお願いさせていただきます。また、体調に不安がある場合は参加をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。
*参加者には事前のPCR検査の実施をお願いする予定です。検査キットは後日お送りいたします。
*滞在中は毎朝、検温のご協力をお願いいたします。
*滞在期間中に抗原検査のご協力をお願いすることもございますので予めご了承ください。
*新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、延期または中止とさせていただく場合がございます
鹿島市
 
佐賀県鹿島市は佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西には多良岳山系に囲まれ、自然環境に恵まれたところです。人口は28000人弱、福岡市及び長崎市からも約1時間でアクセス可能です。鹿島市では古い町並みや酒蔵を活かし、「酒蔵ツーリズム」も推進し、また日本三大稲荷の一つ祐徳稲荷神社も有名です。

・有明海の干潟ではのりの養殖が盛んであり、ムツゴロウ、ワラスボなどの珍魚の生息場所でもあります。近年この干潟の自然環境を守るためにラムサール条約湿地登録も行い、鹿島市の自然環境(森・里・川・海を流れる水)の保全活動に積極的に取り組んでいます。

鹿島市のHP  https://www.city.saga-kashima.lg.jp/kanko/
佐藤農場株式会社
 
東京ドーム約7個分の広さ(有機みかん農家としては全国一の広さ)、その全ての敷地で有機JAS認定を受けている佐藤農場さん。全国のみかん農家6万人のうち、JAS認証を取得しているのは、わずか100名のみだとか。

化学肥料・化学農薬・除草剤不使用の自然に逆らわない農業を30年続けています。
・「有機ひとすじ30年」をモットーに、柑橘類を使った加工品づくり、販売も行っています。オーガニックみかんを贅沢に使ったストレートジュースや、皮の栄養や旨みが沢山含まれている内皮、オーガニックシュガーにこだわった有機みかんジャムなどが人気です。有機レモン生石けんは地元のメディアでも多く紹介されました。
研修先の人々
 
数少ないJAS認証を受けたみかん農場で農作業をしながら、土づくり、有機栽培のノウハウが学べます。佐藤会長からは、農業の現状、スタートするための心構え、やりがいなどについてお話いただきます。

新規就農者や親元就農をされている先輩農家さんとの交流で、農業の体験談を聞いたり、里山に住む人々との暮らしに触れたりしながらリアルな田舎暮らしを体感してください。
肥前鹿島干潟
 
2015年「肥前鹿島干潟」はラムサール条約湿地に登録されました。この地域では、自然環境の保全だけでなく、棚田を維持することで得られる豪雨時の防災効果に着目し、自然の機能を活用したグリーンインフラの整備に、積極的に取り組んでいます。今年、「肥前鹿島の酒蔵ツーリズム」参加の蔵元の協力で、棚田米を使ったグリーンインフラ日本酒「ごえん」も醸造されました。研修では、それらの取り組みを知る環境学習も行います。
宿泊先みんなの家
 
蜜柑畑が広がる山頂にあり、有明海も一望できる絶好のロケーションのお宿。(個室対応します)。お宿のお料理上手な女将・絹子さんが毎日地元の食材を使った美味しいまかない食を準備してくださいます!
宿泊先、アクセスについて 宿泊先
・民宿「みんなの家」(鹿島市飯田乙2721-67、電話:0954-62-8444)に宿泊していただきます。
蜜柑畑が広がる山頂にあり、有明海も一望できる絶好のロケーションのお宿。個室対応。
(HP:https://www.city.saga-kashima.lg.jp/main/3181.html

アクセス
・公共交通機関をご利用の場合
最寄りの「肥前鹿島(ひぜんかしま)」駅から送迎致します。
・マイカーでお越しの場合
鹿島市産業活性化施設 海道(みち)しるべ
(アクセス>>https://saga-kashima-kankou.com/spot/1143)まで直接お越しください。滞在中は、駐車場をご利用いただけます。
九州のムラについて https://9mura.net/
地図 地図はこちらをクリックしてください

主催者情報

主催者 一般社団法人九州のムラ 【農林水産省 「令和4年度農山漁村振興交付金(地域活性化対策のうち農山漁村関わり創出事業)」】
お問い合わせ先 本体験・研修プログラムへのお問い合わせ、農家のおしごとナビよりお願いいたします。
お申し込み先 本体験への参加申込、お問い合わせは、「農家のおしごとナビ」の応募フォーム、問いあわせフォームよりご連絡をお願いいたします。
追って担当者よりご連絡いたします
このイベントに応募する このイベントにお問い合わせする
農業イベント一覧に戻る