新卒生対象求人
  • 新卒

採用かどうかは牛が決めます(笑)
牛と人との距離が近い、アットホームな北十勝ファームで働きませんか?
◎インターン実施あり

検討中フォルダに入れる

北十勝ファーム有限会社 【2024年新卒生対象求人】

掲載終了日:2024年3月31日 お仕事ID:03979

PRポイント

●新卒生採用実績あり
●学部不問
●日本固有の希少和牛「短角牛」の一貫生産牧場
●300haの広大な土地で放牧
●地域環境循環型農業の実践
●アニマルウェルフェア推進(牛にとっても人にとっても幸せな牧場を目指しています)
●業務の幅が広く、様々な知識やスキルが身につく
●社宅あり

求める人物像

・牛が可愛いという気持ちを持っている方
・事業拡大に向けて同じ想いで取り組んでいっていただける方
・将来独立を目指す方も歓迎します

はじめまして!北十勝ファームです。
私たちは北海道の雄大な自然の中、短角牛という和牛を生産しています。
あまり馴染みのない種類の牛ですので、「初めて聞いた!」という方もいらっしゃるかもしれません。和牛というとすぐに思い浮かべられるのは黒毛和牛ではないかと思いますが、実は短角和牛も黒毛和牛と同じ日本固有の肉用種の一つで、全国でも9000頭ほどしか飼養されていない希少種です。(わたしたちはそのうち600頭を飼養する国内最大の生産者です)
現在当社で働いている従業員3名のうちの1人は、短角牛に魅せられて学生時代に当牧場にインターンに来ました。そして、そのまま当牧場での就職を決めました。彼女は短角牛の魅力を世の中にもっと広めたいという思いを持ちながら毎日牛たちのお世話を頑張ってくれています。
短角牛は放牧に適しており、冬季期間以外は繁殖牛と育成牛を放牧して育てています。
雄大な景色の中、牛たちが広大な牧草地で自由に草を食んだり、駆け回ったり寝そべったりしている様子はいつ見ても心が癒されます。

【写真:当社が飼養する短角牛。赤茶色の和牛で、季節によって体色が変化し、夏場などは赤黒い色になります
さて、現在当社では事業拡大に伴う増員を計画しております。
コロナウイルスのまん延やウクライナ情勢を背景に飼料や肥料の高騰が国内の畜産経営を圧迫しておりますが、当社では幸い、牛に食べさせる飼料を地元十勝産の飼料用のトウモロコシ(デントコーン)で作った乳酸発酵飼料や食用に向かない小麦や傷大豆、ビートの搾り粕などを利用することで国産自給率の比率を高める努力をしてきましたので大きな影響は出ていません。輸入に頼らないことでコスト削減の実現だけでなく、飼料の安全性の確保にも繋がっています。現在では当社で使用する飼料の99%以上は国産の原料です。

販売面では、ありがたいことに食肉卸に加え、会員制の宅配会社、飲食業、小売りなど、各方面からの需要が拡大しております。生産者が自ら加工、販売まで取り組む六次化事業にも取り組んでおり、今後は「北十勝ファーム」のブランド力をさらに高めるとともに、和牛の魅力を国内外に広く発信していきたいと考えています。
また、新たな取り組みとして、有機で育てた飼料のみを食べさせて育てるオーガニックビーフの生産や、フランス原産で脂肪の少ない赤身肉と評価の高いシャロレー種と短角牛との交雑種の生産にも取り組んでいます。
これら様々なことへのチャレンジをさらに進めていくためには新たな力が必要です。
短角牛の生産に興味のある方、ぜひ私たちとともに働きませんか?

新卒生歓迎!
現在、当社では家族のほかに30代1名と20代2名の従業員が活躍しています。
そのうち2名は大学卒業後に新卒で入社してきました。共通点は「牛が好き」という気持ちがあったことです。
牛や自然と向き合うことは、決して楽なことではありませんが、「好き」という気持ちがあれば、楽しさ、そしてやりがいもたくさん感じながら仕事ができるはずです。
2名とも学生時代にインターンで牧場に来て、実際の仕事を経験し、ここでの生活や私たちの職場の雰囲気を実際に感じてから入社を決めました。ご興味のある方は、同じようにインターンの受け入れをいたしますので、まずはエントリーをお願いします。

私たちの牧場で生まれ、ストレスなくノビノビと育つ牛たちは、私たちとの距離が近く、人にとても懐いています。人と牛との信頼関係ができているので、牛が怒っているのを見たことがありません。
家族と同じ感覚で牛たちとともに暮らす毎日は、牛が好きな方であれば、きっと充実した日々となるのではないでしょうか。
ちなみに、当社では私たちが良くても牛に気に入ってもらえなければ採用できません。(笑)

私たちが常に大切にしているのは、自然や牛への感謝の気持ち。

同じ気持ちで働いていただける方をお待ちしています!


 
【写真:放牧地で草を食む牛たち】



学部不問!北十勝ファームには様々な仕事があります。
私たちの仕事は、「牛の管理」だけではありません。牛のエサをつくるための畑仕事やエサの配合、加工や販売、それらに伴う事務仕事、農業機械のメンテナンスや畜舎の修理・・仕事は多岐に亘ります。
牛の仕事って農業系の学生じゃないとできないの?・・そんなことはありません。
農業の勉強をされてきた方はもちろんですが、例えば工学部で機械の知識を身に付けられた方などもその知識を活かしてご活躍いただくこともできます。もちろん、それ以外の勉強をされてこられた方も大歓迎です。
知らず知らずのうちに日々の業務を通じて様々な知識やスキルが身につき、なんでもできるようになっていくはずです。

将来は独立という道も!
一度きりの人生。「チャンスがあればみんな社長になってほしい!」それが当社の代表の想いです。そして、チャンスはいくらでもある、とも思っています。実際、当社には自分の牧場を持つという目標を掲げ、当社の牧場で自分の牛を飼いながら仕事をしているメンバーもいますし、これまでには当社で溶接の経験をしたことから、金属加工の会社を自分で始めたメンバーもいます。畜産に関わる仕事だけでも多種多様な仕事があります。
当牧場であなたの個性を伸ばし、もし独立を目指したい!という夢が芽生えた際には、私たちは全力で応援します!

  • 北海道十勝の雄大な山々に囲まれた緑豊かな牧場での放牧飼育が牛たちをノビノビ健康に育てています。赤身肉の短角牛は、サシを入れる必要がないため、放牧によって運動量が増えても肉質には影響がでません。雄大な自然の中で牛たちは自由に草を食べ、駆けまわったり寝そべったり思い思いに過ごします。この放牧中に牛たちは人工授精ではなく、自然交配をします。

  • 牛を育てる過程ででる糞尿を堆肥化し、近所の畑作農家に肥料として使用してもらい、牛の飼料となるデントコーンを生産してもらっています。これにより、飼料購入、堆肥の輸送、および畑作農家の方の肥料購入にかかわるエネルギーを大幅に削減できます。飼料を輸入に頼らずにやってきましたので、今の世界情勢においても安定した経営を維持できています。

  • 堆肥の一部は、購入した木くずと混ぜて牛舎に戻し、牛が寝るベッド(敷料)として使っています。この敷料は、通常は木くずなどを使用しますので、木くずの消費量を削減することができます。また、敷料には堆肥を分解する菌が混ざり込み、牛舎内の糞・尿までもが分解されるため、牛舎内には臭いがなく、牛にも人にも快適な環境です♪

  • 堆肥の一部は、購入した木くずと混ぜて牛舎に戻し、牛が寝るベッド(敷料)として使っています。この敷料は、通常は木くずなどを使用しますので、木くずの消費量を削減することができます。また、敷料には堆肥を分解する菌が混ざり込み、牛舎内の糞・尿までもが分解されるため、牛舎内には臭いがなく、牛にも人にも快適な環境です♪

  • 写真:入社2年目のスタッフ安田さん。 短角牛が好きで、大学2年のときに北十勝ファームに実習に来て、「ここだ!」と就職を決めました。とても充実した毎日を過ごしています。子牛が寄ってくるのがたまらなく可愛いんです!

  • 昨今、日本ではサシが多く入ったお肉よりも赤身肉の方が好まれる傾向にありますが、短角牛は霜降りになりにくい赤身肉で、健康志向の方にもおススメでき、旨味成分のアミノ酸が多く、味や風味も絶品のお肉です。

この求人に応募する この求人にお問い合わせする
検討中フォルダに入れる

この「人」にフォーカス!

中村梢乃さん

埼玉県出身。2010年新卒入社。現在12年目。

自然が好きだったこともあり、大学は畜産学部に進んだという中村さん。人に何かを伝えることで喜んでもらえることが嬉しいという思いから、もともとは学校の先生になろうと思っていたそうです。
「でも声がおっとりとしていて、学校の先生には向いていないなと思って(笑)・・先生の道は諦めて畜産の仕事への就職を考えるようになりました」

牛の仕事がしたかったというよりは、自然の中で働くことに魅力を感じて北十勝ファームへの入社を決めたとのこと。
「満員電車が嫌だったので・・」
初めはそんな思いから始めた牛の仕事ですが、働き始めたらどんどんどんどん牛のことを好きになっていったそうです。
「毎日愛情を持って世話をしていると、牛も私のことをちゃんと認識してくれて、信頼関係が生まれているのを実感できるんです。牛と仲良くなるのは得意ですね!」

「代表を始め、スタッフのみんなもお互いを信頼していて、なんでも言い合える家族のような関係です」
牛が好きという気持ち、仕事のやりがい、そして居心地の良さから、この地に永住しようと決めた中村さんは現在、北十勝グループ内でオーガニックビーフの生産農場の場長として活躍されており、グループ内での独立を目指して努力されています。
「短角牛という牛の魅力、そして短角牛のお肉の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいなと思います」
「牧場に来た当初は夢はなかったですが、今は夢に向かって頑張ってます。私と同じように、初めはちょっと興味がある、程度の方でいいと思います。きっとやっていくうちに夢は見つかります。ご興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう!」

イベント求人

募集要項

勤務地 《足寄本社》北海道足寄郡足寄町美盛3番地の19
《音別農場》北海道釧路市音別町中音別227番2(冬季は閉鎖されます)
仕事内容 短角牛の飼養管理など牧場業務全般

※短角牛の繁殖から肥育まで一貫生産をしています
・自家産牛の繁殖、分娩管理、放牧管理
・牧草地の管理
・子牛の哺育、育成
・牛の飼養管理
・飼料製造(自家配合および飼料作物管理)
・農業機械のメンテナンス
・その他、牧場運営管理全般
雇用形態 正社員
※試用期間あり(3か月間)
期間 長期(期間の定めなし)
給与 月給215,000円~
※ご本人の経験等を考慮して決定いたします
※別途資格手当あり(大型特殊免許をお持ちの方は5,000円など)
※試用期間中の給与は時給1,100円

◆昇給あり
◆賞与あり
勤務時間 7:30 ~ 17:00 休憩90分 実働8時間程度

※時間外勤務:分娩時など、状況に応じてあり
休日 月4日~6日(シフト制) 
※年間休日72日程度
※相談により3日以上の連休取得可
※有給休暇(法定どおり)
※慶弔休暇あり
寮・社宅・宿泊先 社宅あり(借り上げタイプ)
※家電貸し出しあり
※ご本人負担:25,000円/月
※牧場から車で5分程度の距離にあります
社会保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
必要な資格・経験 普通自動車免許(AT限定可)
待遇 ◆賞与あり(業績に応じて)
◆昇給あり(年1回)
◆社会保険完備
◆資格取得支援あり
◆資格手当あり(大型特殊免許5,000円など)
◆長靴・作業着支給あり
◆フリードリンク
◆退職金制度あり(勤続3年以上の方対象、例:10年で250万円)
◆生命保険、がん保険加入(退職金制度として)
◆社宅あり
会社情報 【飼養頭数:約600頭】
【耕地面積:約300ha】
【職場の受動喫煙対策:所定の場所のみ喫煙可(屋外に喫煙所あり)】
HP http://kitatokachi-farm.co.jp/
インターンの情報はこちら https://www.agreen.jp/job/detail.php?job_id=3988
求める人物像 ・牛が可愛いという気持ちを持っている方
・事業拡大に向けて同じ想いで取り組んでいっていただける方
・将来独立を目指す方も歓迎します
地図 地図はこちらをクリックしてください

企業情報

詳細 【事業所名】北十勝ファーム有限会社
【事業内容】短角牛一貫生産、販売、肉用牛流通事業
【所在地】〒089-3735 北海道足寄郡足寄町美盛3番地の19
【設立】 平成17年
【資本金】10,000,000円
【従業員数】5名
【代表者】 上田 金穂
【担当者】 上田 七加
応募方法 農家のおしごとナビよりご応募をお願いします。
その後、担当よりご連絡をいたします。
採用の流れ 応募 ⇒ 書類選考 ⇒ 面接 ⇒ 採用
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る